渡航準備(検疫)について

渡航準備・検疫について

愛犬とハワイに行く上で、もっとも重要且つ、神経を遣わなくてはならないところが「検疫」です。
しかし皆さんの心配をよそに、書類さえちゃんと揃えておけば、30分足らずで終了してしまうあっけないものなんです。
当社は、検疫に纏わる書類作成はもちろん、日本出発時のお手伝いから、ホノルル空港でのお手伝いなど、一切の心配をして頂かなくても済む「コンシェルジュサービス」を行っています
一概に「検疫をする」といっても、「検疫の場所は?」「どうやって犬を連れて行くの?」「駐車場はどこに停めれば便利なの?」「荷物だって沢山あるのに、一緒に持って移動するの辛いよね?」などなど、沢山の疑問があるはずです。
当社では、自らの経験を元に、しっかりとリサーチし、どうしたら愛犬も人間もストレス無く、日本を出国できるか、また、ハワイに到着した際、どうしたら愛犬を直ぐ抱きしめる事が出来るのか?を真剣に考えて、当社独自のサービスを提供しております。

 渡航5ケ月前

CIMG8465マイクロチップを装着します
尚、検疫窓口では、マイクロチップは、装着する事ができません。
マイクロチップの装着は取り扱い動物病院により対応が可能となります。
装着方法は、注射針より少し太い針で愛犬の体内へ埋め込みます。
注射は普通の皮下注射と変わらないので、愛犬には負担をかけず、麻酔も必要は
ありません。

 

 

渡航5~4ケ月前

CIMG8454狂犬病の予防接種(計2回)ほど実施します。

※狂犬病は日本やハワイ、その他一部地域を除いて全世界で発症しています。世
界保健機構(WHO)の推計によると、世界中では年間に約5万人の人が狂犬病に感
染し命を落としています。
感染源動物は、数多く存在しておりますが、中でも犬が人間に対する主な感染
動物となっております。
狂犬病にかかった犬は、物事に非常に敏感で、目の前にあるもの全てに噛みつい
てしまします。さらには、全身に麻痺が広がり、食べ物や水が飲み込めなくなり
ます。

 

渡航4ケ月前:採血検査

愛犬の健康状況を再確認して、採血検査を行います。

渡航14日前:ハワイへ必要書類の提出

ハワイへ提出する為の必要書類などを準備します。

 

渡航7日前:利用する空港へ愛犬の届出申請

利用する空港へ愛犬の届出申請をします。

 

 

出発当日:空港内動物検疫所で簡単検査

CIMG8456
出発日の当日は、空港内の動物検疫所で、簡単な検査を実施します。

 

 

 

 

検疫の流れについて

  • 渡航5ケ月前:マイクロチップの装着
  • 渡航5~4ケ月前:狂犬病の予防接種(計2回)
  • 渡航4ケ月前:採血検査
  • 渡航14日前:ハワイへ必要書類の提出
  • 渡航7日前:利用する空港へ愛犬の届出申請
  • 出発当日:空港内動物検疫所で簡単検査

無事に日本を愛犬と共に出国!※書類や準備あどに不備があると大切な愛犬がハワイ入国後、ハワイ州検疫センターにて拘束されてまうケースもございます。
検疫写真2※日本からペットを連れて旅行される方々の動物検疫手続きを代行いたします。
是非、お気軽にご相談ください。

 

海外でのご利用に、レンタルカート

image8より旅を快適に。
日本からペット用カートをレンタル。「マザーカート」が現地での滞在をアシストします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です